日頃の気になる色々

Just another WordPress site

キャットフードの保存方法

| 0件のコメント

キャットフードの保存方法についてご紹介します。

プレミアムフードなどは賞味期限も短いので適した保存方法をしておくと酸化防止もできて猫には優しいです。

 

ドライタイプ

開封後は袋を開けたままにせずしっかり閉めるようにしましょう。

安価なものなど特に封を開けたままになることが多いので小分けにされたものを選ぶのもいいでしょう。

開封後は日光が当たらない日陰で湿度の低いところで保存します。

キッチンの下はやめておきましょう。

冷蔵保存も出し入れすることで温度差があります。

その温度差でかびが発生します。

いずれも常温での保存が望ましいです。

冷凍保存する場合は密封できる袋またはタッパに小分けにして入れましょう。

いずれも一度猫が口に入れたりつけたものは絶対に保存しないようにします。

唾液がついていると微生物が発生する恐れもあり衛生的にもよくありません。

少量ずつ与えること、小分けにして保存することが大事です。

あくまで賞味期限内に食べきることを前提としています。

 

ウエットタイップ

ウエットタイプは缶の封を開けてからその日のうちに食べきるようにしましょう。

食べきれなかった場合にフードボウルに入れたままにするのはやめましょう。

フードボウルも一度洗ってあげると衛生的に綺麗です。

余った缶詰を冷凍保存する際は1食ずつ分けてその都度解凍もできますがなるべく早く食べきるようにしましょう。

缶詰は見た目や色に注意し匂いに異常があるなどの場合は与えることを中止しましょう。

カナガンキャットフードのコスパはこちら

コメントを残す

必須欄は * がついています