日頃の気になる色々

Just another WordPress site

キャットフードの一般食とは

| 0件のコメント

一般食とは猫にとって必要な栄養が基準で満たしているものになります。

総合栄養食に対して副食の役割をしています。

そして総合栄養食と一緒に与えるように書かれていることが多いと思います。

副食なので一般食だけを与えると栄養バランスが摂れず偏りが出てしまいます。

基本的には総合栄養食とお水で十分健康維持できること知っておきましょう。

もう一つおやつという分類もありますがこのおやつはしつけやコミュニケーションで与えるようにします。

与えすぎると肥満になりやすくなります。

おやつと一般食は違うということを飼い主が区別しておきましょう。

一般食の使い方は総合栄養食にトッピングとして使うと食いつきがよくなるでしょう。

その理由は一般食は見た目と匂いが猫の食欲をそそるように作られています。

総合栄養食に飽きて食べないときや食欲がない時に一般食で食事を誘ってあげると元気に食べてくれるかもしれません。

あくまでの一般食はおかずとして認識するようにしましょう。

メインではないので主食と組合せを考えて活用するようにしましょう。

一般食は入っている量も少なく恐らく副食だと気付くとは思いますがそのことに気付かず量が少なくてすぐに餌がなくなると思った経験がありました。

カナガンキャットフードは悪評って本当?

コメントを残す

必須欄は * がついています